今年のダイヤモンド富士

ダイヤモンド富士の見える4月と9月は、湘南地方はお天気があまりよくなくて、

ダイヤモンド富士が近づくと当日の天気予報がきになり、お天気が心配でやきもきします。

たとえ晴れても、富士山が見えるかどうか別。

おととしは4月と9月の両方でみえたラッキーな年でしたが、去年は4月9月もだめでした。

ダイヤモンド富士どころか、太陽が富士山の稜線をのぼって、下る間も富士山がみえないことが多く、今年も晴れても富士山が全然、みえません。

湘南海岸のダイヤモンド富士の4月3日。

雲が多かったけど、あきらめず、海に行きました。

f:id:peacefulwind:20210408215256j:plain

海にきたときは、富士山はぜんぜん、見えてなかったのですが、太陽がおりきてたら、富士山の輪郭が現れてきました。

意地悪な雲が富士山のま上にあったけど、富士山の真上に太陽があるダイヤモンド富士

まったく見えないと思っていた富士山がみえただけでもまあ、よかったかな、と思えたダイヤモンド富士

 

5日は江の島大橋の上から見えるはずだったけど雨。

 

6日は晴れたけど、雲は多く、富士山が出るかどうかわからなかったけど、最後まであきらめずに江の島シーキャンドル(灯台)にいきました。

この日は冬に戻ったように寒い日。ダウンコートを着て、冬支度でいきました。

f:id:peacefulwind:20210410232107j:plain

江の島からの眺め

 

f:id:peacefulwind:20210410232612j:plain

西の方の空。そびえているのは江の島の灯台シーキャンドル

 

f:id:peacefulwind:20210410234855j:plain

相模湾。南の空

 

東の空や南の空や北の空は晴れているのに、西にだけ雲がある。

でも見えていなかった富士山が、浮かんできて、太陽が海を照らしていたので、期待したのですが

f:id:peacefulwind:20210408220317j:plain

    手前にみえているのは烏帽子岩

 

ダイヤモンド富士の時刻になるとまたまた雲が降りてきて太陽を隠しました。

17:32 ダイヤモンド富士まであと20分ほど。

f:id:peacefulwind:20210408220431j:plain

f:id:peacefulwind:20210410234210j:plain

 

ダイヤモンド富士の時刻17:50

雲が太陽を隠してしまったまま、ダイヤモンド富士に。

雲がなかったら、と悔しいダイヤモンド富士の日。

f:id:peacefulwind:20210408223631j:plain

 

f:id:peacefulwind:20210408220707j:plain

 

17:58 ダイヤモンド富士は終わって、太陽は富士山の後ろに沈んでいった。

f:id:peacefulwind:20210410235531j:plain

f:id:peacefulwind:20210410235627j:plain

 

 

コロナ禍で観光客が少なかったので、展望デッキもすいていました。

f:id:peacefulwind:20210410231901j:plain

 

 

f:id:peacefulwind:20210410231928j:plain

 

太陽が沈んだら、灯台に灯りがつきました。

f:id:peacefulwind:20210410231959j:plain

 

ダイヤモンド富士の時刻は17時50分でしたが、私は写真友達と4時前に江の島に着きました。時間があるので、シーキャンドルのそばの花壇の縁石に座って、ラスクを食べていたら、ラスクを右手の親指と人差し指に挟んでもっていたら、すごい衝撃を感じ、バンと音がしたような気がし、何が起こったかわからなかったのですが、確かに手にもっていたラスクがない。

トンビにラスクをとられたようなのです。

衝撃はとんびの風圧だったみたいです。

トンビの姿も見えなかったし、どこもケガをしてないのですが、人差し指に打撲痛が残っていて、そこにトンビのどこかがあたったのでしょうか。

目にもとまらぬ早業でした。

トンビは翼を広げると160センチほどあるそうで、そんな大きなのがおりてきて、ラスクをさらっていったのです。

トンビは嘴ではなく、手というか足で獲物をつかむみたいです。

私にはまったく触れずに、ラスクをさらっていった。上手でした!

海べではとんびが来るから食べ物は食べてはいけないというのを知っていたので、海では食べないのですが、江の島の山の上も海辺と同じでした。

とんびがを空を舞ってたし、あとで見たらとんびに注意の立て看板があちこちにありました。

ダイヤモンド富士の感動はできなかったのですが、トンビに感動した江の島でした。

 

f:id:peacefulwind:20210411081817j:plain

トンビの写真は去年の3月辻堂の海岸で撮ったもの。 

 

二宮の吾妻山のダイヤモンド富士が来週ありますが、天気予報では雨。

来週、ずっと晴れなのに、吾妻山のその日だけ雨予報。

なんとかならないものでしょうか。

吾妻山で、この春のダイヤモンド富士は終わりです。

秋に期待しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去のダイヤモンド富士

2019年4月3日のダイヤモンド富士

f:id:peacefulwind:20210408222509j:plain

f:id:peacefulwind:20210408223005j:plain

 

2018年4月3日

こんなダイヤモンド富士の日もありました。

富士山はかすんでみえないのに、頂上のギザギザのところに太陽が沈んでいます。

f:id:peacefulwind:20210408222728j:plain

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロナは第三波がおさまったら、すぐに第四波がきそうです。

全国で感染者が広がっています。

関西では過去最高の感染者を日々、出しています。

コロナは世界中で猛威を振るっており、多くの人が亡くなっているとき、オリンピックができるのでしょうか。

ワクチンがなかなか行き届かないとき、オリンピック選手優先という話まででてきて、今はコロナ禍をどうのりきるか、どう沈めていくか、どう暮らしを守るか、命を守るか、が問われているときだと思います。

コロナのせいでアルバイトができなくなり、生活に困る人たちは、生理用品も買えない現実。

NHKクローズアップ現代で「♯ 自主休校」の子供たちをとりあげていました。

喘息などコロナに感染したら命にかかわる病気をもっていて、学校にいけず、オンライン授業も受けられず、小学校に入学したまま、一度も学校に行けなてない子供や、授業が受けられなくて希望の高校にも行けかった子供など、自治体の支援を受けらないまま、自宅にこもっている子供たちが全国にいること。

コロナ禍になって、2年目。こんなに長く続くとは、去年のいまごろは思ってなかったです。

来年もどうなっているのか。

どんどん変異していくコロナウィルスにワクチンは対応できるのか。

 オリンピックは日本だけの問題ではなく、世界のコロナ禍に目を向けたとき、今、本当にオリンピックを開けるときなのでしょうか。

 

小田急片瀬江の島駅

f:id:peacefulwind:20210411084117j:plain


 辻堂海岸からみた江の島 シーキャンドルにあかりがともっている。

f:id:peacefulwind:20210412193420j:plain

 

富士山と月とISS

朝焼けの富士山は日の出前にいかないと撮れません。太陽が上ってしまうと富士山は真っ白になって、朝焼けは終わってしまいます。

寒いからなかなか早起きの決心がつかなかったのですが、満月が富士山の上にあるというのを知り、お月さまにつられて早起きして、海に行きました。

今、日の出は6時40分ころなので、6時半までに海に行けばいいのです。

でも満月の朝は、朝焼けには間に合わず、海に着いたら太陽は昇っていました。

7:07の富士山ですから ぜんぜん、間に合いませんでした。

f:id:peacefulwind:20210207213004j:plain

朝焼けは消え、富士山は真っ白で、お月さまも富士山の上からはだいぶ離れていました。

地球が自転しているから太陽もお月さまもまっすぐ真下に沈まず、右にカーブしながら降りてきます。

↓次の日はもう少し、早起きして、ぎりぎり朝焼けに間に合いました。

f:id:peacefulwind:20210207213238j:plain

ギリギリで日の出前に着きました。6:45

お月さまも富士山の真上にあります。満月の翌日の十六夜の月。朝だけど十六夜でいいのかな。

f:id:peacefulwind:20210207213553j:plain

日の出 6:47

f:id:peacefulwind:20210207213844j:plain

 

f:id:peacefulwind:20210207214409j:plain

7時23分。お月さまは徐々に右にさがって沈んでいきます。

 

宇宙飛行士の野口さんが滞在している国際宇宙ステーションISSが昨日、今日、上空を通過しました。ISSは地球を90分で一周します。

一等星くらいの明るさで、点滅しないで通過していきます。

思わず、手を振りたくなります。なかなか写真に撮れないのですが、

今日は夕方5時43分から見えたので、明るいので写真には撮りやすかったです。

ただの点ですけど

f:id:peacefulwind:20210207215122j:plain

友達がスマホで撮った写真。雲とISS   

f:id:peacefulwind:20210207215154j:plain

雲の中に消えていきました。

f:id:peacefulwind:20210207215234j:plain

「きぼうをみよう」で検索したら見える日がわかります。

先月お月さまのそばをISSが通過したので、そのときの写真を撮りそこなったのが悔やまれます。

 

コロナ禍で楽しいことが少ないとき、2~3分で通過してしまいますが、ISSを見送るのは楽しいです。

 

ワクチン接種がだんだん現実味を帯びてきています。

副反応など正確な情報が知りたいです。

 

ようやく真っ白い富士山 

24日に通過した南岸低気圧が山に雪をたくさん降らせて、ようやく真っ白な富士山になりました。

1月25日朝8時46分の富士山です。

裾野のあたりまで雪で白くなっています。

f:id:peacefulwind:20210126234652j:plain

 

f:id:peacefulwind:20210127000407j:plain

 

 f:id:peacefulwind:20210126234515j:plain

 

午後にも海に出かけていきました。

海がきらきらと光って、ヨットが浮かんでいました。

午後12時44分。

f:id:peacefulwind:20210127010412j:plain

太陽が真上にきているので、富士山の山肌の色が少し違います。 

すごいたくさんの鳥が飛んでいます。黒い点々はなんだろう?と思ったのですが、写真を大きくしたら鳥でした。

f:id:peacefulwind:20210126235227j:plain



f:id:peacefulwind:20210126235327j:plain

 

夕焼けを見に、また海にきました。

16時51分。

f:id:peacefulwind:20210126235755j:plain

 

f:id:peacefulwind:20210127000008j:plain

 

f:id:peacefulwind:20210127000113j:plain

 

これから南岸低気圧がたびたび通るようになり、そのとき、また雪が降るでしょう。

富士山の雪はもう融けずに、このまま白い富士山でいてくれるでしょう。

何回かの低気圧をやり過ごして、季節は春に向かっていきます。

緊急事態宣言が出されて2週間過ぎて、感染者数は少し、減ってきました。

罰則について議論されています。

懲役刑という言葉もきかれます。

先日、ウエビナーで弁護士の伊藤真さんのお話を聞きました。

ウエビナーというのは、ウエブとセミナーのあわさった言葉だそうです。

「権威と権力」ということを話されました。

「権威(けんい、英語: Authority)とは、自発的に同意・服従を促すような能力や関係のこと。」とあります。

政府を信頼して要請に従ったのが、去年4月の緊急事態宣言。

今回は政府のいうことを聞かない人が多いので、政府は罰則というものを設けて、力づくて従わせようとする。これが権力であると。

今回、自公幹部が緊急事態宣言発出中であり、しかも夜8時以降の外出自粛の要請がでているさなか、深夜、銀座のクラブに出かけていたというのだから、

政府の権威も地に落ちる。

だから力づくで(権力)で国民を服従させようとしている。

なるほど、権威と権力の意味がよくわかった。

 

コロナ禍になって、安保法制違憲訴訟の裁判の傍聴にも集会にもいけなかったので、久しぶりにウエブで伊藤真さんのお話がきけてよかったでした。

 

安保法制違憲訴訟の裁判はこれまで敗訴が続いています。

なぜ、われわれは闘い続けるのか。

歴史の中で果たすべき役割を自覚し、覚悟を決めている。

憲法12条の不断の努力を知っている。

憲法・人権・平和

 

憲法12条

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。 又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 

コロナ禍が去って、日本はどうなっているのか、心配になってくる。

マイナンバーをどさくさにまぎれて普及させようという動きもある。

今年は衆議院選挙がある。

コロナ禍のなかで、少しずつ目をさましていかなければならない。

 

 

雪の少ない富士山 と 核兵器禁止条約が22日に発効

2021年1月4日 朝の富士山。

あ、お月さま!富士山の上の方に半月のお月さま。

f:id:peacefulwind:20210118221245j:plain


それにしても雪が少ないです。雪はあるけど、すだれ越しのように山肌が見えています。

 

1月10日の富士山。

雪は増えないです。

f:id:peacefulwind:20210118223200j:plain

 

f:id:peacefulwind:20210118223302j:plain

1月10日の夕焼け。

f:id:peacefulwind:20210118222001j:plain

 

1月13日の富士山。前日に雨が降ったので、期待したのですが、雪は大して増えてなかった。

f:id:peacefulwind:20210118222222j:plain

 

こんなに山肌のみえる冬の富士山てみたことないです。なんででしょうねえ。頂上のあたりでも雪がない。

f:id:peacefulwind:20210118222401j:plain

 

去年2020年1月の富士山です。例年、1月にはこんなに真っ白な富士山になるのに。

f:id:peacefulwind:20210118222632j:plain


富士山の雪の少なさと噴火を心配している人もいます。

ネットでちらっとそのような記事を読んだら、このコロナ禍にそんな不安をあおる記事を載せるなんて、とコメントしている人がいました。

富士山の雪が少ないのは、大方の意見は、雨が少ないからだということです。

 

核兵器禁止条約が発効

核禁止条約を批准した国と地域が50となったので、今年2021年1月22日に発効となります。

昨年10月24日にホンジュラスが50番目となる批准を行ったことにより、今年1月22日に批准の運びとなったのです。

 

核兵器禁止条約は、核兵器の使用が武力紛争の際に適用される国際法に反するとして、その開発、保有、使用などを禁じる条約で3年前の2017年7月、国連で122の国と地域が賛成して採択されました。

世界で唯一の被爆国である日本がまだ批准していないのはとても残念で、悔しいです。

 

詳しくは↓のNHKニュースを見てください。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012679801000.html

 

サーロ節子さん

核兵器禁止条約が発効する22日、核廃絶を訴えてきたカナダ在住の被爆サーロー節子さん(89)のドキュメンタリー映画が、故郷の広島市で公開される。製作した米NY在住で被爆2世の竹内道さん(65)は「被爆証言が世界に与えたインパクトを物語る作品。上映を通して条約発効の喜びを分かち合いたい」と話す。  映画「ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに」は、広島で13歳の時に被爆したサーローさんが、世界各地で反核運動に心血を注いだ半生を記録した。  サーローさんは映画の中で、2017年の国連での条約採択を喜ぶ一方「核兵器の終わりの始まり。本当の闘いはこれから」と語る。 ↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/f59df6f8f452579c7decafe8b5895821193b1301

 

アメリカが核実験

 核兵器禁止条約の発効が、今週末に迫っています。そんな中で去年、アメリカが臨界前核実験をしていたことがわかり、抗議の声が上がっています。

トランプ大統領のもとで3回目の核実験だそうです。

Yahooニュースです。↓「

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0245c3e0b1600a7b98fb95582e1e55a97254be7

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロナの感染拡大がとまりません。

コロナを抑えるにはワクチンしかないということだけど、

果たしてワクチンは安全なのだろうか。

アナフィラキシーショック以外の重大な副反応はおきていないのだろうか。

 

菅首相はワクチン接種を2月末から始めるというけど、

ワクチンの安全性、副反応についても、国民に知らせてほしい。

ワクチンは健康な人に接種するのだから、安全であることが重要です。

ワクチンを打つか打たないか、その選択をするのに、もっと情報がほしい。

2020年末の富士山

コロナ禍の2020年もいよいよ終わりに近づきました。

お変わりなくお過ごしですか。

感染力の強いコロナウィルス変異種があらわれ、すべての国からの入国が禁止となり、

年末にかけて国内の感染者も急増しています。

この一年、富士山の見えるところに住んでいるおかげで、富士山の写真を撮るのが唯一の楽しみで過ごしてきました。

今年は冬になっても富士山の雪が少ない。とても少ないのです。

先月から関東地方は雨がほとんど降らないから、富士山に雪も降らなく、一度降った雪もとけて、雪がどんどん少なくなっています。千葉県では水不足になっているところもあります。

12月27日の富士山です。

f:id:peacefulwind:20201228084422j:plain

f:id:peacefulwind:20201228084532j:plain

 これは2019年12月24日の富士山。例年、この季節、これくらいの雪化粧はしているのです。↓

f:id:peacefulwind:20201228095142j:plain

 

先日、変わった、これまでみたこともないような富士山の雪をみました。

山頂の雲が移動してくれなかったのですが、雪が南東斜面にのみ積もって、ベロのように伸びていたのです。どうしてここだけに積もったのでしょうか。

12月16日の朝

f:id:peacefulwind:20201228091647j:plain

翌日17日の朝、山頂の雲が消えていることを願って、海に行きましたが、まだ雲がありました。

f:id:peacefulwind:20201228091843j:plain

12月18日の朝、やっと雲がとれてたけど、雪は少しうすくなってました。

f:id:peacefulwind:20201228092336j:plain

12月23日の朝、雪はどんどん消えていってますが、下の方にはまだ消えずに残っているのはなんででしょう。あのあたりの方が中腹より気温は高いはずなのに。

f:id:peacefulwind:20201228092515j:plain

 

そして昨日12月27日にはほとんど雪はなくなっていました。

f:id:peacefulwind:20201228092912j:plain

今日、富士吉田からの富士山は雪がふえていると天気予報でいってました。

晴れたら、白い富士山が見えるでしょうか。

 

2020年が明けたとき、世界がこんな風になるなんて、だれが思っていたでしょうか。

昨日、NHKスペシャルで感染源をたどるという番組がありました。

やはりもっと早く武漢封鎖をするべきだったといっていました。

情報公開がいかに大事か、ということがわかります。

すべての国からの入国を禁止する。まるで鎖国の時代に戻ったようなことが21世紀に起こるなんて。

思い起こすのは、生物大絶滅の時代は繰り返すということです。

それは気候変動であったり、巨大隕石の地球への衝突であったり。

今、人類である生物はウィルスと戦っているわけですが、ワクチンで勝てるのでしょうか。ワクチンは安全なのでしょうか。

悩ましい2020年の暮です。

今年は菅政権が発足して真っ先にしたことは日本学術会議会員6人の任命拒否です。

それはどういうことか。

その6人はさきざき政府のすることに反対するかもしれないから、先手を打って任命拒否したということらしいです。

まだ反対しているわけではないのに、その人のこころのうちに踏み込んだ行為で、

それは思想、心の中にまで権力が介入したことになる。

戦後のレッドパージよりも恐ろしい。

なぜなら先頭きって、政府が思想弾圧にのりだしたからだそうです。

BSTBSの「報道1930」で保坂正康さんが話していました。

 

香港の情勢もつらいです。

勇気をもって、自由のために声をあげた人たちが逮捕されていき、法律の前で人々は

なす術もない。

これをよその国のことだから、とみていられない今の日本です。

 

「権力は想像力を奪う」という言葉。

私たちは想像力を奪われていないか。

 

来年が明るい年になりますように!

白い富士山をはやくみたいです。

 

朝焼けの富士山

 朝焼けの富士山はとてもきれいです。

冬の朝焼けの富士山は白い雪が頂上から下へとピンクに染まります。

そもそも夏は富士山をなかなか見ることができないのですが、夏の富士山の朝焼けを撮りたいと思っていました。

雪のない朝焼けの富士山を今年は写真に撮ることができました。

夜明け前の月。この季節、夜明け前はまだ寒くない。

f:id:peacefulwind:20200926221201j:plain

日の出前の富士山。↓  東の空にのぼろうとしている太陽が西の空も染めてきます。

f:id:peacefulwind:20200926213559j:plain

f:id:peacefulwind:20200926221440j:plain

f:id:peacefulwind:20200926221523j:plain

富士山がピンクに染まっていきます。

f:id:peacefulwind:20200926213515j:plain

夏にこんなきれいな富士山を見ることができる日はそう多くありません。

 

富士山に雲がかかった朝焼け。

f:id:peacefulwind:20200926214243j:plain

日の出は見えたのに富士山が見えなかった日もあります。

f:id:peacefulwind:20200926215402j:plain

f:id:peacefulwind:20200926221857j:plain

西の空の雲は太陽のひかりでピンクに染まっているのにすっぽり富士山を隠していました。

f:id:peacefulwind:20200926215501j:plain

 富士山がみえなくて残念な朝

f:id:peacefulwind:20200926215638j:plain

 

日の出がきれいな朝

f:id:peacefulwind:20200926220101j:plain

富士山がピンクに染まりましたが、空気の透明度がもうちょっとほしかった。

f:id:peacefulwind:20200926220158j:plain

 

先日、富士山に初雪が降ったというニュースがありました。初冠雪ではなくふもとから初雪がみえたというニュース。

いよいよ夏も終わりそうです。

 

コロナ禍の中で、花火もなかった夏。旅行も行けなかった夏。

同窓会も中止になり、驚きは安倍政権が終わった夏。

安倍政権より恐ろしい政権はないと思って、「安倍政治を許さない」のプラカードを掲げてきたのに、更なる驚きはそれよりもっと恐ろしそうな政権が誕生した夏。

 

今年は梅雨が長く、梅雨が明けたら連日の猛暑。9月になったらまた雨ばかり。

ダイヤモンド富士もみえなかった。

今年は気候もさんざん。

なんという夏だったのでしょう。

 

マスクが帽子をかぶるようにファッションになっていくのだろうか。

来年は同窓会でみんなに会えるのだろうか。

富士山に雪が積もるのはいつだろうか。

冬の朝焼けはきれいです。

寒いけど、夜明けは遅い。

でもコロナ禍のなか、冬の寒い朝、海に行って風邪をひいたら大変だから、今年は撮りにいけないと思うから4年前に撮った写真です。

f:id:peacefulwind:20200926223048j:plain

 

日本はこれからどうなるのだろうか。

心の中もこんなきれいな夜明けを迎えたい。

 

今年の秋のダイヤモンド富士

9月9日はダイヤモンド富士の日でした。

9月9日の朝は富士山が見えていたのに、夕方になると、私の頭の上の空は晴れて

いるのに、富士山のあたりは雲があり富士山は顔を出してくれませでした。

意地悪お天気~♪♪ と泣きたい気持ち。

9月は秋の長雨、台風の季節でなかなか晴れてくれません。

でも9月8日。ダイヤモンド富士の前日。

曇っていたのに夕焼け雲の中に富士山がみえました。

太陽が雲にかかったとき、光が弱まるのでそのときがシャッターチャンスでした。

f:id:peacefulwind:20200914233511j:plain

↑太陽は斜めに降りてくるので、このまま富士山頂におりたら、てっぺんより少し右に寄るところですが、雲のおかげで、富士山の真上に太陽が落ちている写真が撮れました。

 

9月9日ダイヤモンド富士当日

江の島の上はこんなに晴れているのに

f:id:peacefulwind:20200914234404j:plain

富士山の方向は・・・・残念無念。

f:id:peacefulwind:20200914234436j:plain

 

 

翌日の9月10日は幻想的な富士山でした。

雲の着物をまとった富士山

f:id:peacefulwind:20200914234534j:plain

 

雨が少し降ったので虹がみえました。きれいな虹でした。

f:id:peacefulwind:20200914234628j:plain

 

今年はコロナ禍の中で桜の季節が過ぎ、つつじが咲いて、ハナミズキが咲いて、アジサイが咲き、そして真夏のサルスベリの花はもう散り始めています。

コロナ禍の中、どこにも行けませんが、花が季節の移ろいを教えてくれています。

長い梅雨でした。梅雨があけたら猛暑。暑い夏もやっと終わりのようです。

でもコロナは収束する気配はなく、もうコロナ前の暮らしには戻れないそうです。

フェイスシールドを買いました。

友達とあって、おしゃべりするのにマスクよりフェイスシールドがいいかな、と思って。ネットで買いました。新聞の広告にもフェイスシールドが出る時代。

町を歩く人、ほとんどマスクをしています。

コロナで気持ちがふさぐのに、政治でも息がつまりそうです。

「安倍政治を許さない」と掲げて5年。

f:id:peacefulwind:20200915000829j:plain


安倍首相が退陣して、次の首相が菅さん

菅さんは安倍路線をひきつぎ、さらに強行路線がひかれそうで、この先どうなるのだろうか、と参ってしまいそうな日々。

首相が変わっても、中身は変わらなさそうだから、このプラカードはこのままでいい気もするけど。

 

ちょっと振り返って8月の富士山。8月11日の富士山。

8月に何回か見えたなかで一番きれいな富士山。

 

雪のない夏の富士山。

f:id:peacefulwind:20200915001015j:plain

雪のない富士山がきれいに見える日は少ないから、夏の富士山が見えた日はうれしい。

こんな富士山が見えた日は幸せな気持ちになる。

これから白い富士山の季節に向かいます。